医療

iPS細胞によって医療技術は飛躍的に進歩するについて

最近は、iPS細胞に注目が集まっています。
iPS細胞というのは、様々な臓器に育てることのできる多能性幹細胞のことです。
人体から細胞を摂取し、因子を導入し、培養をすることで、たとえば眼球を作ることもできますし、耳を作ることもできるという素晴らしい技術です。
近年発見され、研究が急ピッチで進められているものであって、この細胞を使えば世界の医療技術は数段階もレベルアップするのではないかと言われています。
何しろ、心臓までをも作り出すことができると考えられているからです。
悪い部分を除去して、新しい臓器をはめ込むことで、簡単に治療が済ませられる可能性が出てきました。
この技術を伸ばしていけば、身体の欠損もカバーできるかもしれません。
癌などの数多くの難病がこの技術を応用することで解決する可能性があります。
ただ、まだ技術は発見されたばかりであって、実用化されるまでには至っていません。
今後数十年でどこまで進歩するかが楽しみですね。

異常がないと診断されたのになかなか授からない
不妊治療に強い大竹整体院に一度ご相談ください

について

医療関連情報

医療用光脱毛の主な特徴とメリット

光脱毛と言いますのは、脱毛効果を発揮する光をあて、毛根及び毛包に対してダメージを生じさせる方法になり

医療用光脱毛のメリットと留意点

医療用光脱毛のメリットとして、部位によりましてまったく異なる毛質、あるいは皮膚の状況に広範囲にわたり

医療施設でのレーザー脱毛の利点

医療施設で実施している脱毛と言いますのは、特徴的な非常に強いレーザー光線を利用することによってあてる

最新の医療